« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/22

2012アメリカ~鍾乳洞とメジャーリーグ

なぜか旅を修行にしてしまっている旅日記も
今回でラストになりました。
ゴールまで突っ走ります!
 
 
  
最終日。快晴sun
 
明日は帰国の途につくので、あと一息!
この日は朝7時出発で、約4時間のドライブからスタートrvcar
 
 
 
 
1204231
 
 昨日来た道とは逆の方向に向かい、山越え
 
 
 
 
途中、動物に注意dangerの標識が何回も出てきました。
飛び出して来ないでね~!と思っていたら
先の道の脇でこちらを見て、車が通り過ぎるのを待っていてくれた
お行儀のいい鹿さんに会えましたhappy01
 
 
 
 
1204232
 
 山を越えてしばらくすると、見渡す限りな~んにもない景色
 
 
 
 
こんな景色が続くので、私も安心して運転できましたcoldsweats01
途中、小さな町を通過しましたが
右折時に間違えてワイパー・・・とかそんなことはしませんでしたよ(笑)
ご存知の通り、右側通行の国で左ハンドル車はたいてい(かどうかは知らないけど)
ハンドルの左にウインカー、右にワイパーだったりしますが
(少なくともセドナで借りた日本車はそう)
ここで借りたエスケープの場合、計器類がまとめて左に付いていたので
右左折時、思わず右手が空を切ってしまったとかそういうことはさておきcoldsweats01
ワイパーは動かさずにすみましたcoldsweats01
 
 
 
 
1204233
 
 蜃気楼? 道の先の方がずっと濡れたように見えていました
 
 
 
 
1204234
 
 目的地が近くなり、道は上り坂
 
 
 
 
途中、ガソリンスタンドに寄ったり、運転を交代したりしましたが
事前に聞いていた通りちょうど4時間ほどで
本日の目的地、カールスバッド洞穴群国立公園に到着しました。
洞窟とか鍾乳洞は初めてなので楽しみhappy01 
 
 
  
 
1204238
 
 ビジターセンターの前
   
 
 
 
ビジターセンターは何もない荒野のような山(標高1343m)にあり
ここから入って地下に下りて行きます。
入場料はそんなに高くはないと思いますが
昨日のホワイトサンズ同様、この日はフリーデー。
国立公園の入場料無料ウィークか何かだったのでしょうかhappy01
お昼ごはん代が浮いた感じ♪
  
 
 
 
1204235
 
 そして早速、内部に潜入。涼しくて気持ちいい~
 
 
 
 
1204236
 
 大きさがわかりにくいですが、天井が高く結構広いんです
 
 
 
 
1204237
 
 これが自然に造られたなんて・・・洞窟風テーマパークのよう
 
 
 
 
普通にしか見えない山の地下に、こんな世界があるなんて
全く想像がつきません。
よく見つけたなぁ~~~ 
きっと、まだまだこんな場所があるのでしょう。
 
そして、地下のビッグルームと呼ばれる部分をひと回りした後は
エレベーターで地上へ上がり、セルフサービスのレストランでランチrestaurant
 
その後は、夕方のエルパソ発フェニックス行きのフライトに間に合うよう
カールスバッドを後にしました。
今日もまた、自然の不思議を目の当たりにし
新鮮な気持ちでドライブ再開!
   
 
 
 
1204239
 
 またまたのどかな景色がhappy01
 
 
 
 
12042310
 
 退屈なようだけど、昨日ともさっきとも違う道なので新鮮
 
 
 
 
12042311
 
 でもやっぱり何もないcoldsweats01
 
 
 
 
前の日のエルパソの空港から
ホワイトサンズ→アラモゴード→鍾乳洞→エルパソ空港と
ちょうど時計回りにぐるっと走ってきたので
同じ道は通らず、楽しかったです。
鍾乳洞からエルパソ空港へは、約3時間。
車を返却し、フライト時間にも少し余裕があるくらいで間に合いました。
 
ここから再びフェニックスに戻りますairplane
 
 
 
 
フェニックスに到着したのは、現地時間(時差1時間)の午後7時頃でした。
空港からはタクシーでホテルへ。
タクシーの運転手さんには
近くでやってるはずのメジャーリーグ情報を聞きたかったのに
エチオピア人ドライバーさんで詳しくなくて、聞けませんでしたdespair
   
ホテルはダウンタウンにあり、スタジアムまでは歩いて行ける距離です。
部屋に到着後、すぐにテレビでメジャーの試合baseballチェック。 
うーん、もう5回・・・
ギリギリ間に合う?
でもせっかくここまで来たんだし、その為にダウンタウンにホテルを取ったんだから
急いで行くことにしましたdash
 
 
 
 
12042312_2
 
 チェイスフィールドに到着
 
 
 
 
ホテルから歩いて5分か10分の距離です。
場所はわかっていたので、迷うことなく速攻で向かいました。
チケットもまだ売っていたので
一番安い席(11ドル)を購入。
 
 
 
 
12042313
 
 ダイアモンドバックス vs. フィリーズ  なんとか間に合ったみたいhappy01
 
 
 
 
12042314
 
 ここのスタジアムにはプールがあります
 
 
 
 
晩ごはんは、ホットドックとビールbeer 甘くてビッグなアイスもnotes
スタジアムのあるフェニックス滞在のこの日に
たまたま試合があったことに気付いた夫に感謝!
メジャーの雰囲気は、日本の野球とは全然違う感じです。
飲食店が多く、食事をしながら友達や家族とのおしゃべりを楽しんでいるよう。
 
試合は、アリゾナダイアモンドバックスの勝利でした。
よかったね、地元で勝ててsmile
 
 
  
 
さて、これで全てのMyツアープランをこなしたことになります。
全部は無理かもと思っていただけに
疲れたけど、いい感じの達成感がhappy01
 
そして今晩もお約束のはなぢ・・・coldsweats01
毎度、微妙な話で終わってすみませんsweat02
(ちなみに、この日を最後に帰国後は全く血を見ていないのでご安心ください)
 
 
 
 
翌日のフライトは午前の便なのでまたまた早起きになってしまいました。
帰る前にぷるぽぷの待つ実家の父にメールをしたのですが
思わず「楽しかったけど寝不足で疲れた~」と書いてしまいましたcoldsweats01
旅行で「疲れた」の言葉がすぐに出てしまうなんて初めてかも。 
でも「ぷるちゃん達は元気だよ」の返事で
もう少しがんばって、気を抜かずにしっかり帰る元気が出ました。
 
 
 
 
120424
 
 空港から見るフェニックスダウンタウン
 
 
 
 
ロスで乗り継ぎ、無事成田に到着。
今回の旅は、遅延などの移動トラブルがなかったので
とてもスムーズだった気がしますhappy01
 
帰国後の運転は慎重にdanger
夫の運転ですが、車は左側通行ということを念頭に置き
私も曲がり角のたびに一緒に確認。
違う車線に入らないように気をつけました。
 
実家に直行し、到着後は
「あれ?もう帰って来たの?」と出し抜かれたような顔をしている ぷるぽぷを拉致。
実は前回のような
ぽぷりちゃんの泣きそうな顔で大喜びnotesを期待していたのですが
その時よりも3日くらい早く迎えが来たので、早く感じたのかも。
のんびり休暇を楽しんでいたらしいcoldsweats01
  
  
  
 
そんな感じで、今年もまた1つ思い出ができましたhappy01
長々と書き綴っていますが、お付き合いいただき
ありがとうございましたsign03
また次回に向けて、がんばります!
 
 
 
 
 
 
 

2012/06/18

脱走ペンギン

 
週末、久しぶりに葛西臨海水族園に行ってきましたfish
目的は、今や時の鳥?となった、あの脱走ペンギンに会いに行くことnote
 
本当は近所の川で会いたかった(笑)
 
ニュースで東京湾で浮いてる画像が流れて以来
ずっと気になっていたけど
先月無事に保護されたと聞いたときは
本当にほっとしました。
と同時に、どんな冒険をしたのか
ものすごーーーく気になります。
 
 
  
 
120616_2
  
 
 
 
他のペンギンがたくさんいる中で
このこだってすぐにわかりましたhappy01
 
 
 
 
1206162
 
 ちょっと群れから離れて、画面上にいる子です
 
 
 
 
きっとバケーション中は
鮮度のいい美味しい生魚を食べていたのでしょうcoldsweats01
ワイルドさを求めて、また…がないことを祈りますshine 
 
群れの中には20歳以上のペンギンもいるんだそうです。
この子(もう少ししたら名前が付くようですが)は、まだ1歳。
ずっとずーーっと元気でいてくれますようにnote

 
 

 

2012/06/14

2012アメリカ~国境を越えて戻ってホワイトサンズ

 
昨夜、エルパソに到着し
一夜明けたらこんな景色でした。
 
 
 
1204221
 
 ここはどこ?向こうはどこ?
 
 
 
スマホの方位磁石で確認したところ、向こうに見えるのはメキシコのようです。
そう。ここは国境の町。
ホテルは、メキシコまで歩いて行けそうな場所にしたので
後から探険に向かいますsmile
 
 
 
 
1204222
 
 朝食後、ホテル付近を歩いてみました
 
 
 
 
「エルパソには何があるの?」
って聞かれたら、ものすごく困りますがsweat02
アメリカの端っこでテキサスの端っこでもあって
メキシコ移民が多い感じだけど、やっぱり街並みはアメリカ。
そんな雰囲気です。
 
ガイドブックは持っていないけど
前の日に空港でいただいたフリーマップと携帯があれば
長居しないので事は足りるかもしれません。
(でも観光案内所はあります。この日は日曜日でお休みだったけど。) 
 
 
 
 
1204223
 
 道は広くきれいで、やっぱりアメリカ
 
 
 
 
ちょっとフラフラ歩いた後は、ホテルに戻ってチェックアウトし
メキシコ側へ。
 
 
 
 
1204224
 
 国境が近くなると、人通りが少なくなってきたような・・・午前中だからかな?
 
 
 
 
この付近はメキシコ系のお店が多く、街に飛び交う言語はスペイン語。
何も国境を越えなくても、じゅうぶんにメキシコの雰囲気が味わえます。
 
 
  
 
1204225
 
 でもやっぱり行ってみようnote
 
 
 
 
リオ・グランデ川を越えると、そこはもうメキシコ。
50セントを払って、橋を渡るだけです。
 
 
 
 
1204226
 
 橋の上にあるボーダー 
   
  
  
 
島国日本に住んでいると、絶対に味わえない不思議な感覚。
あまりにも簡単ですが
パスポートを持っていないと、後で大変なことになりますcoldsweats02
 
 
 
  
1204227
 
 シウダーファレスに到着
 
 
 
 
先ほど "国境を越えなくてもメキシコの雰囲気が味わえる" と書きましたが
やっぱりあそこはアメリカ。
こっちに来てみると、道の整備状況、雰囲気が一変しました。
川ひとつ越えるだけで、一気に中南米の空気です。
 
 
 
 
1204228
 
 この辺りはましな方。じゃないとカメラを出すのも躊躇してしまうcoldsweats01
 
 
 
 
以前、カリフォルニアのサンディエゴと接する国境の街、ティワナ(ティファナ)にも
行ったことがあるのですが
あそこよりもファレスの方が小さな街のようです。
ちょっとした楽しみを求めて行くならティワナの方がいいかも。
ここは、お土産物屋さんも少なく
両替所があったりして、アメリカドルが使えないお店も多いようです。
ただし、国境付近ってどこの都市でも麻薬絡みの犯罪が多く
お薦めの観光スポットと言う人はだーーーれもいませんwobbly
現にここ、ファレスも世界で最も危険な都市の上位に毎年必ず入るようですsweat02
殺人件数が半端ではないらしいshock
  
そんなこと知らぬが仏で、楽しかった♪で終わればいいけど 
知らないで行って本当に仏にならないようにしたいものですshock
 
私も明るい時間にちょっと行くだけのつもりでした。
ちょっとと言ってもお昼時restaurant
ランチくらいは食べたいので
予め日本で2000円分だけメキシコペソに両替をしてきましたhappy01
ランチの他、スムージーを飲んだりタコスチップスを買ったりして
少し余っちゃいましたが。
 
 
  
 
12042210
 
 メキシコと言えば、やっぱりタコスsmile
 
    
 
  
12042211
 
 ここのレストランで警官が数人、お昼ごはんを食べてました
 日本では見ない光景sweat01
 
 
 
 
そろそろアメリカに戻り、次の目的地に向かおうと思います。
 
 
 
 
1204229
 
 アメリカ行きの国境。一方通行なので先ほどとは違う橋
 
 
 
 
アメリカへの入国は、メキシコへの入国の何倍も時間がかかると 
事前調査でわかってはいましたが
橋の後半に差し掛かったあたりから長蛇の列で
1時間以上はかかったような・・・wobbly
 
入国管理の建物に入ってからもしばらく並びました。
前が見えるようになった頃
メキシカンらしきおにーさんが手錠をはめられ
奥の別室に連行されて行きましたsweat02
荷物は調べられてなかったから、指名手配系?
 
私達の番になって、日本人はスムーズかな?と思っていたけど
あれこれ詳しく質問され
これまたかなり時間がかかりました~
後半は完全に興味本位だと思うくらいwobbly
あまりにも長いからか他の係員がやってきて
「もういいんじゃない?okでしょ」みたいに言ってるのに
「今晩はどこに泊まるの?その次はどこに行くの?ここに来る前は?」
とだんだんうざくなるくらいでしたwobbly
ちなみに顔つきも、英語の発音も、完全にメキシコ移民な審査官。
外国人が珍しくてお話でもしたかったのでしょうか。
それとも私達はリアルに怪しかったのでしょうかsweat02 
 
 
 
 
さてさて、実はのんびりしている場合ではありません。
今日もまたレンタカーの予約をしているので
予約したエルパソ空港のレンタカーオフィスに行く時間です。
 
早歩きで一旦ホテルに戻り、フロントに預けていた荷物を受け取り
ホテルのエアポート送迎シャトルで空港に向かいました。
他に乗る人がいないので、すぐに出してもらえました。
毎時0分と30分に出るとか言ってたけど、すごい適当(笑)
 
空港到着後は、車のキーを受け取り
ニューメキシコ州にあるホワイトサンズ国定公園に向かいますrvcar
 
 
 
 
12042212
 
 フリーウェイに入れば一安心
 
 
 
 
今回は、セドナとは違うのでカーナビを付けました。
空港から、ごちゃごちゃした道を抜けるまでは気が抜けないので
ナビのナビを頑張りました。
 
そして、空港から2時間ほどでホワイトサンズに到着~happy01
ここ、一度来てみたかった場所の1つですshine
海でもないのに、右を見ても左を見ても真っ白な砂の世界shine
 
 
 
 
12042213
 
 雲っていたので写真では暗いけど、本当に真っ白~happy01
 
 
 
 
そうそう、なぜかこの日は入場料無料デーでしたhappy01
そんなに高くはないと思うけど、ラッキーデー!
 
 
 
 
12042214
 
 ものすごく細かい石膏砂丘
 
 
 
 
12042215
 
 こんな道なので、ここで私もやっと運転しましたrvcar
 
 
 
 
12042216
 
 あそこで待っているのが今回お世話になったフォードのエスケープ
 うちの車と車高が同じくらいなので運転しやすかった
 
 
 
 
120422
 
 また不思議な場所に来たよ~
 
 
 
 
12042217
 
 そろそろ夕暮れどき
 
 
 
 
12042218_2
 
 夜道の運転はなるべく避けたいので、そろそろ出口に向かいます
 
 
 
 
ここ、ホワイトサンズ国定公園内は
ゲートに入ってからも結構な距離を走ります。
一番先まで行って、砂の世界に見とれてぼーっとできたので
大満足happy01
さらさらの砂は、ズボスボと靴の中に入って
斜面を歩くのは大変だったけど、それも楽しいnote
 
 
 
 
12042219_2
 
 そして夕陽が大爆発!
 
 
 
 
信じられないような世界を堪能した後は
今夜の宿のあるアラモゴードへ。
暗くなってしまったけど、道はわりと単純で
20~30分ほどで到着しました。
 
ディナーは近くにあった、チェーン店っぽいステーキ屋さんrestaurant
ここのところ毎日寝不足な上、120%で動いています。
明日は150%で動かなければなりません。
もちろんそれはやめておいて
ゆるめに50%くらいで行動する選択肢もあったのですが
ステーキのおかげで(笑)頑張る方を選びました。
 
早起き&長距離ドライブになるけど、旅はもう大詰め。 
がんばります!
 
そうそう、そういえば
ホワイトサンズもパワースポットだという説があります。 
 
だからなのか、前日から引きずってるだけなのか
今晩も入浴中にはなぢが・・・shock
シャワーカーテンの内側は、軽くサスペンス状態になってしまって
血の形跡を残さないように一生懸命洗い流しましたwobbly
シャワーで流しながらも、流れ出るはなぢwobbly
も~ どうして~~~shock
 
まぁ痛くも痒くもないのですが、やっかいな色ですsweat02
 
明日は出ませんようにshine
 
 
 
 
 

2012/06/08

2012アメリカ~飽和状態でエルパソへ

 
夜が明けました。
今日も快晴sun
 
朝食後は、荷物をまとめて出発の準備です。
今日は移動日airplane
一旦ホテルをチェックアウトして大きな荷物だけ預け
前の日に行けなかった、4つ目のボルテックス "ボイントンキャニオン" に
向かいます。
 
途中、スーパーがあったので寄り道。
  
 
 
 
1204211
 
 スーパーの駐車場で 
 
 
 
 
今回お世話になったレンタカーは、この日本車でした。
小さな街中を走るには、適当な大きさかな??
  
お店はちょうど開店時間ぐらいだったのですが、寄れてよかったです。
広い敷地内を見渡すと、なんと隣りにはペットショップがあり
思いがけず、うちのお留守番さん達へのおみやげを
買うことができましたhappy01
 
 
 
 
120421
 
 こんなんでいいでしょうか
 
 
 
 
そしてボイントンキャニオンの駐車場に到着。 
 
 
 
 
1204212

 神々しくそびえ立っていますshine
  
 
 
 
ここは、ちゃんと登ろうとすると
往復5~6時間もかかり本格登山になるとのことで 
周りのトレイルを歩いて頂上は眺めるだけにとどめておきました。
 
 
 
 
1204213
 
 結構登ってきたような気もします
 
 
 
 
1204214
 
 頂上でもないのに存在感がすごい!
 
 
 
 
そして、適当なところで切り上げて、4大ボルテックス巡り終了!
一応4つとも拝むことができ、目標達成sign03
 
パワーはたっっっっっぷりいただいた気がしますshine
その後、レンタカーオフィスに車の返却に向かいました。
無事に乗れて、何事もなく無事に戻れてよかったですhappy01
 
そこのオフィスはウエストセドナというエリアにあったのですが
車を返した後は、ウエストセドナのお店が集る辺りでランチrestaurant 
そして、ちょっとしたお店やスーパーを見て回った後は
時間があったので とぼとぼ歩いて
アップタウンに戻ることにしました。
 
暑い中歩いてきたので、アップタウンに到着後はまた一休みcafe
レッドロックのすっごい景色を見ながら
お茶をするという贅沢な時間note
 
そうそう、この時間にお土産ショッピングもしたいところです。
夕方、ホテルにシャトルのお迎えを手配しているので 
時間には余裕があるけど
ゆる~い感じでそろそろ・・・と歩き出した時でした。
 
鼻の辺りに液体の流れを感じるような・・・
鼻水?
そう思ってちょっとぬぐってみたら・・・
 
 ぽたっっっっっ 
 
は、はなぢ~~~shock
 
手は血だらけ。あごまで血が流れ
どうしたらいいのかわからない状況に・・・shock
 
とりあえずティッシュ!(笑)
 
(ちなみに夫はうけているcoldsweats01)
    
すぐに近くにあったトイレに行き状況を確かめ 
外のベンチで軽く上を向きながら再び休憩する破目に…wobbly
 
実は、前々日の夜はティッシュに血が付く程度、
前日の夜はもう少し量が多い出血があったんです。
でもお風呂に入ってあたたまった後だったし、高地だし
それほど気にしてはいなかったのですが
まさか歩いていて流れ出るとは予想もしませんでしたwobbly
こんなの子供の頃以来ですcoldsweats01
は~ず~か~し~~~coldsweats01
  
恐るべしセドナパワー!
ここの磁場の影響に違いありません!
 
セドナで頭痛、腹痛を訴える人がいると前回書きましたが
それと違って痛みはないので考えようによってはまし?かもしれません。
見た目は相当悪いけど(笑)
  
ただその後、体調がどんどん微妙になっていきましたdown
何と言うか、いっぱいいっぱいな感じ。
飽和状態で溢れそうな感じ?
この場にいると苦しい感じでした。 
 
なんとも形容しがたいけど、結構センシティブなのでしょうか。
もっと長く居れば慣れるのでしょうか???
 
 
セドナは素敵な場所ですshine
 
 
でも、これ以上いるのは辛い、そんな状態でシャトルに乗り
ここを去ることになりました。
いつかまたリベンジでもしに来るかな(笑)
 
 
 
 
そして2時間強のドライブの後、再びフェニックスに到着。
ここからエルパソ(テキサスの西の端の方)に向かいますairplane
 
夜のフライトな上、時差が1時間あり早まるので
現地ホテルに到着したのは深夜になっていました。
  
 
 
 
1204215
 
 明るくなったらどんな景色なのでしょう
 
 
 
 
セドナを離れた後、体調が少し楽になった感覚はあったのですが
この日は入浴中に再びはなぢが・・・sweat02
くせになっちゃったのかなぁwobbly
 
今日は(も)いろんなことがあった長い1日でした~
 
明日もがんばろう!
 
 

2012/06/04

ホームで快勝!オマーン戦

 
サッカーワールドカップのアジア最終予選がついに始まり
昨日は埼玉スタジアムに行ってきましたhappy01
 
 
 
 
1206032
 
 月と監督と選手達
 
 
 
 
心配していたお天気は、なんとか持ちこたえ
雨に降られずよかったです。
 
選手入場の際、いつもはブルーカードでスタジアムをブルーに染めていて
それを楽しみにしていたのですが
ちょっとした手抜き具合(経費削減?)が残念でした。
 
そして国歌の生歌も楽しみの一つでしたが
曲が流れるだけ。それも残念down
 
でも、試合は久しぶりに気持ちよく見ることができた気がしますhappy01
近年、日本は研究しつくされているし
オマーンもそこそこ強くなってるし
2点くらい取れればと思っていたけど・・・ 
 
   
  
 
120603
 
 3点目!(ピンボケですみません)
 
 
 
 
次のヨルダン戦も快勝してほしいです!
 
 
 
  

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

..

最近のトラックバック

メインサイト

-